コーチング学のリソース

ニュース・トピックス

【募集】 研究助成:不適切なスポーツ指導をなくすためのエビデンスのさらなる蓄積と提示

HRWレポート(2020年7月)に対応した

日本コーチング学会提言を充実させるための研究活動の推進について

 

不適切なスポーツ指導をなくすためのエビデンスのさらなる蓄積と提示(日本コーチング学会提言)に資する研究、文献調査、実践例報告等を下記の要領で募集します。

1)研究助成の対象者

 本学会会員の個人またはグループ

2)申請方法

 (1)申請期間 2021年4月〜6月

 (2)申請書類 以下の申請書をダウンロードの上、
  コーチング学会事務局 (送付先:jyosei■jcoachings.jp ■を@に)へ
  添付にて送付して下さい。
  研究助成申請書

3)助成額と使用期間

 研究補助件数および金額: 5件程度、1件あたり最大20万円

 研究期間: 2021年4月~2022年3月

 報告締め切り:2022年5月末

4)テーマ例

指導者・コーチの行動、あるいは行動変容に関する研究(アクションリサーチ)

優れた指導者・コーチに関する論考・提言

  コーチが学ぶべき知識・事柄、コーチの行動など

指導者・コーチのインテグリティに関する調査あるいは研究

コーチ育成カリキュラムに関する研究

グッドプラクティクス報告

欧米のコーチング、コーチに関する研究

コーチ資格制度に関する研究(調査、提言を含む)

効果的指導法・コーチング法に関する研究 

   技術、戦術、体力、心理、チームマネジメント、人間力などについて

コーチングにおけるジェンダー問題

5)助成金の使途

 助成金の使用は、研究に要する経費:消耗品(図書を含む)、
 旅費、謝金、その他(印刷、郵送、会議費など)。

6)研究報告および会計報告

 研究終了後は、研究助成報告を必ず提出するものとします。
※2022年3月開催予定の日本コーチング学会第33回大会の「進行中の研究紹介」コーナーで紹介していただくことが採択の条件になります。

 会計報告書は以下を参照のこと。

 会計報告

 なお、剰余金が生じた場合は、当学会の指定口座に返還するものとします。

 


お問い合わせ

日本コーチング学会事務局 苅山 靖(山梨学院大学)
Mail:office■jcoachings.jp ■を@に換えて下さい

住所 〒400-8575
甲府市酒折2-4-5
山梨学院大学スポーツ科学部(苅山靖)
office@jcoachings.jp(日本コーチング学会事務局)
電話:055-224-1319