コーチング学のリソース

書籍紹介

スポーツパフォーマンス分析入門 基礎となる理論と技法を学ぶ

著者:ピーター・オドノヒュー 著、中川昭 監訳、橘肇 訳、長谷川悦示 訳
出版社:大修館書店

内容:

学会員からの推薦のことば:
スポーツパフォーマンス分析は現在、コーチング現場は元より、体育授業、メディア、審判といった様々な実践現場で広く使われている。また、球技の領域を中心に、ゲーム構造の解明に関する研究や専門的体力・戦術といったパフォーマンス要因に関する研究を行うための重要な研究手法の1つに位置づけられている。本書は、実践者と研究者の両方の見地からスポーツパフォーマンス分析の基本的内容が体系的に整理されており、現場の若いアナリストや将来アナリストを志す学生、そしてスポーツパフォーマンス分析を用いた研究に携わっている若い研究者が学ぶのに最適の本である。

現象学的スポーツ運動観察論

著者:佐藤 徹
出版社:大学教育出版

内容:

学会員からの推薦のことば:
スポーツ・コーチングや体育授業における運動の見方(観察法)について現象学的視点から体系的にまとめたものである。これには実施者の志向性および動感(キネステーゼ)理解、さらに動感発生分析の方法論など、運動指導の実践に不可欠の内容が含まれている。