投稿規程

  1. 本誌に投稿できる者は日本コーチング学会会員(筆頭著者および共同研究者全員)とする.ただし,編集委員会(以下,委員会と称する)が会員以外に執筆を依頼したり,会員以外の投稿を認める場合もある.詳細は「投稿の手引き」に定める.
  1. 投稿できる論文の種類はコーチング学に関する総説,原著論文,研究資料,実践報告(Case Report),短報,書評,内外の研究動向,研究上の問題提起とする.
  1. 投稿論文は未発表であり,他誌に投稿中でない論文に限る.ただし,日本コーチング学会などの学会大会における研究発表,あるいは,各種研究助成の交付を受けた後に助成団体に提出した報告をもとに内容を充実させた論文は投稿できる.
  1. 筆頭著者として投稿できる論文は各号1人1編とする.ただし,短報はこの限りではない.
  1. 投稿論文に対して委員会は審査を実施する.掲載の可否,および掲載の時期は委員会が決定する.
  1. 発刊は年1回以上とし,時期は委員会が決定する.投稿論文の受付は随時とする.
  1. 原稿は以下の通りに作成すること.詳細は「投稿の手引き」に定める.

1) 本文はワードプロセッサで作成し,A4版紙に横書きで全角40字20行とする.原稿の下中央部にページ番号を,左余白に行番号を記入する.

2) 総説,原著論文,研究資料,実践報告(Case Report)には抄録をつける.和文論文には250ワード以内の英文抄録,英文論文には300‐400字程度の和文抄録をつける.あわせて,和文,英文とも4‐6語のキーワードを記載する.なお,英文抄録には和訳文を添える.

3) 総説,原著論文,研究資料,実践報告(Case Report)の原稿は刷り上がり12ページ以内,その他の論文は刷り上がり4ページ以内とする.これを超過した場合や,特別な印刷を要した場合には実費を投稿者負担とする.短報についてはページ超過を認めない.なお,1ページに掲載できる文字数は最大約1,600文字であり,図(写真を含む)表は刷り上がりの大きさから文字数を割り当てる.

4) 図(写真を含む)は本誌に直接印刷できるように文字や数字を鮮明に書く.原則として白黒印刷とし,カラー印刷を必要とする場合は著者が実費負担とする.

5) 図(写真を含む)や表は原稿1枚に1式を使用し,通し番号とタイトルを記し,本文とは別に番号順に一括する.本文中への挿入箇所はそれぞれの番号を明記する.

6) 本文中の文献記述は著者・出版年方式(author-date method)とする.文献リストは本文の最後に著者名のABC順に一括して記載する.

7) 原稿は,正本原稿1部,審査用原稿3部およびデジタル・データを提出する.審査用原稿では著者名,所属機関名,謝辞,付記を削除しておく.

  1. 著者校正は原則として1回とする.掲載論文の抜刷りを希望する投稿者はこの際に申請する.費用は投稿者負担とする.
  1. 原稿の送付先は「学会事務局内編集委員会」とし,封筒の表に「コーチング学研究投稿論文在中」と朱記し,簡易書留または配達記録郵便で郵送する.
  1. 掲載論文の著作権は日本コーチング学会に帰属する.ただし,論文の内容に関する責任は著者が負うものとする.掲載論文を著者が学術活動に使用する場合は,本会に事前に承諾を求めること.詳細は「投稿の手引き」に定める.

付則

1988年7月1日制定
1998年6月13日改正
1999年2月20日改正
2001年3月15日改正
2004年3月14日改正
2007年6月16日改正
2008年3月22日改正
2009年6月12日改正
2013年8月29日改正

2.         投稿論文送付先

〒274-8501 千葉県船橋市習志野台7-24-1 日本大学理工学部体育研究室内
コーチング学研究編集委員会事務局 重城 哲 宛
Tel / Fax : 047-469-5518

Copyright ©  2017   日本コーチング学会  All rights reserved.