賛助会員のご案内

企業各社 殿

日 本 コ ー チ ン グ 学 会
会 長   朝岡 正雄
理事長   青山 清英

現在6000有余名の会員を擁する日本体育学会は戦後間もない1950年に設立されています。これに対して、「日本コーチング学会・日本体育学会体育方法専門領域」発足のルーツは、1955年の第6回日本体育学会学会大会において発表形式が部門制に変更されるのにともなって、新たに「指導に関する部門」が設けられたところまで遡ることができます。その後、この新しい部門は、1969年に「体育方法専門分科会」に名称が変更されます。したがって、本学会は本年までに58年の歴史を歩んできたことになります。その間、日本体育学会が専門分科会の研究誌発刊を認めなかったことから、1989年には研究誌発刊ののために急遽「日本スポーツ方法学会」を立ち上げ、「指導に関する部門」はその後24年間にわたって「日本スポーツ方法学会」(2010年に日本コーチング学会に改称)と「日本体育学会体育方法専門分科会」(2012年に体育方法専門領域に改称)の2組織が分離されたかたちで併走することを余儀なくされました。
このような状況下で、2005年以降になると、この2つの組織の連携の機運が高まり、2012年には両組織の総会において、2013年4月から組織を再統合して「日本コーチング学会・日本体育学会体育方法専門領域」とすることが決議されました。学会の名称についてはなお検討の余地がありますが、この組織統合によって、本学会は、現在、1800有余名の会員を擁する、体育学関連の学術団体としては日本体育学会に次いで大きな学会となっています。
本学会の目的は、会則にも謳われているように、「体育・スポーツの指導実践に関する科学的研究とその発展に寄与し、体育・スポーツの指導実践に資すること」にあります。会員の多くは、体育・スポーツの実践と指導に情熱を注ぐ、小・中・高等学校や大学の体育教員、研究者、地域スポーツの指導者、各種目のコーチ、スポーツ協会や連盟の役員等であり、よりよい指導のあり方を探究するために、種目や既存の親科学の枠を超えて集まっています。
本学会の趣旨をご理解いただき、学会の目的が達成できますよう、格別のご厚情・ご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
つきましては、恐縮ではありますが、賛助会員としてのご入会をお願いいたします。

敬具

 

賛助会員年会費 一社一口 30,000円以上
なお、法人会員の特典として以下の経費が無料となります
1.学会大会号への広告掲載費(A4版1枚)
2.本学会Webサイトにおけるリンク
3.機関誌「コーチング学研究」における賛助会員リストの形成
4.学会大会での展示
5.学会大会参加費
6.懇親会参加費(1名のみ)

賛助会員のご登録は、以下事務局にお問い合わせ下さい。

【日本コーチング学会】
〒305-8574 つくば市天王台1-1-1
筑波大学体育系内 日本コーチング学会事務局  担当:長谷川 聖修
電話 029-853-6328
E-mail:office◆jcoachings.jp
◆を@ に置き換えて下さい

Copyright ©  2017   日本コーチング学会  All rights reserved.